上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ここ最近LEDの電球が東芝、シャープと連発で出てきてますが、

今回はシャープのスタンダード型60Wのものを手に入れたので試してみました。

スペック詳細はメーカーサイト

本当は、東芝製がよかったんですが、大人の都合ってやつでシャープ製になりました

さて、正直LEDの電球?どうせ暗いんでしょ?

っていうイメージがあったんですが

使ってみると、あ、ふつーに明るいし、すぐ点くし、熱くならないし、

悪い点が見当たりません。しいて言えば値段でしょうか。3千円後半位だったかな?

後は、その形状から予想できる範囲ですが、

電球の根元側は光が行かないので暗いです。

最適な使い方は、照らしたい部分に電球を向けて使うといいと思います。


今回のスタンダードは調光器に非対応&調光機能なしバージョンの最廉価の物ですが

消費電力も低く、普通に使える明るさなので実用度は高いですよ。

パンフレットにあるように電球の替えにくいところに最適かと。


自分は、今後発売予定の調光機能つきの物も買ってみたくなってきました。




ここだけの話、東芝がほしいと最初に書きましたが、
その理由はカタログスッペックにおいて
①60W型においてシャープより消費電力が低い 
②光の総量が多い(実際の明るさでどれくらいの影響が出るかは不明ですが)
です、気になる方は東芝もどうぞ。

何だか、メーカーの回し者みたいになってきたww
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。